どらっくん
おすすめのサイトに
もう登録した??

どらっくんの相談所

無料で薬剤師の転職活動をサポートしてくれる転職エージェントとは?

「転職活動したいけど、忙しいからなかなか手を付けられない、進まない」という方の強い味方、それが「転職エージェント」です。

日本には100以上の転職エージェントがあり、今や働きながらの転職活動にとって無くてはならない、といってもいいかもしれません。

これから転職活動をしようかなと考えている方も、転職はすぐする気はないけど…という方も、必要になった時に困らないために、知っておいて損はない「転職エージェント」についての知識をつけておきましょう!

転職エージェントってどんなサービスなの?

転職エージェントとは、登録した人に対して一人専任としてついてくれる、「自分専用の転職アドバイザー」と思っていただければいいと思います。

転職活動は「応募したい企業を探す→募集に応募する→(書類選考に通過したら)面接を受ける→面接で合格すれば採用、落ちれば最初に戻る」という流れですが、エージェントはこのすべての流れにおいて、サポートしてくれる強力な味方です。

具体的にはこの企業に応募したいと言えば代わりに応募してくれ、面接のアドバイスをしてくれ、あるいは面接の日取りなども間に入って決定してくれる…といった、転職活動の中でも「面倒なこと」を代わりにしてくれる人でもあります。

しかも、「転職エージェントを利用できたら便利だろうけど、お金が高そうだから…」と諦める必要もなし!なんと、転職エージェントは無料で利用できるんです。

どうして転職エージェントは無料で利用出来るの?

なぜ、ここまでしてくれる転職エージェントが無料で利用できるのか。それは転職エージェントが収入を得る方法に秘密があります。

転職エージェントは、利用者が入社することによって、その企業から利用者の年収の30%を報酬として受け取るシステムになっています。そのため、無料でクライアントである企業に就職してもらうことによって、自身の収入に繋がるというわけ。

だからこそ、少々面倒なこともやってくれますし、転職が成功するようにサポートしてくれるんですね。

転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントを利用するメリットは沢山あります。

まずはなんといっても、「サポートを無料で受けられる」ことでしょう。

働きながらの転職活動は応募案件を見て、自分が受けたいかどうか考えるだけでも大変です。しかし転職エージェントがいれば、面談等を通じて客観的に合う企業を判断し、「この企業はいかがですか?」と提案してくれます。

もちろん自分の希望の企業に応募でもOKです。「ここに応募したい」と言えば、必要な書類などを用意して代わりに応募してくれますし、面接の日取りの調整、面接時のアドバイスも受けられます。

さらに、面接後人事に対して後押ししてくれるなど、転職活動全般を大きく支えてくれます。

加えて、転職エージェントが持つ、転職サイトには掲載されていない好条件の案件を紹介してくれるメリットもあり、利用するとしないでは大きく差が出るといってもいいくらいです。

転職エージェントを利用するデメリット

しかしながら、デメリットもないわけではありません。

担当のエージェントと気が合わないと自分に合ってない企業を提案されてしまったり、自身の経歴などから市場価値が低いと判断されるといい案件を紹介してくれない…なんてこともあります。

また、エージェントは複数の利用者を抱えていますので、連絡をある程度密に取っていないと、案件を紹介する優先順位が下がってしまう可能性もあります。

非常に強力なサポーターとなってくれる転職エージェントですが、支えてくれる人の実力によって結果が左右されることも珍しくありません(やり手だったら転職成功できていたのに、新人だったからダメだった、なんてこともあります)。

ただ、「このエージェントの人とは合わないな」と思ったら担当を変えてもらうことも可能なので、しばらくお付き合いしてみて「やっぱり合わない!」となったら、担当を変えてもらいましょう。

違うエージェントになってすぐに転職成功した!というケースも多いです。

客観的にアドバイスをくれる強い味方。複数利用もアリ

転職エージェントの利用はデメリットもありますが、客観的に自分を評価し、自分では強みと思っていなかった部分を強みと認識させてくれたり、人間性や志向から自分の選択肢にはなかった企業を紹介してくれたりと、新たな自分の発見にも繋がります。

また、業種によっては特化したエージェントもあり、その業界に入りたいのなら是非とも登録しておくべき!という所もあります。

1社だけではなく、複数のエージェントを利用し転職活動に臨んでいる人も多いです。

スムーズな転職を望むなら、転職エージェントの利用はは有効な手段だと言えるでしょう。